【わきが切除手術は危険!?】リスクが高すぎる恐ろしい理由とは?

【わきが切除手術は危険!?】リスクが高すぎる理由とは? わきが治療

わきが手術も色々ありますが、中にはメスを使ってアポクリン腺を除去する手術があります。

 

手術するから、治る確率が高いんでしょ?って思う方がいるかもしれませんが、そんな事ないです。

 

というか、リスクの方が高くつく事が多いので注意しましょう。

 

そのリスクとは何か、お伝えしていきたいと思います。

 

 

わきがの切除手術はどういった事をするのか?

【わきが切除手術は危険!?】リスクが高すぎる理由とは?

わきがの切除手術は名前の通り、メスを使ってアポクリン腺を切除します。

 

これは昔からある手術のようです。

 

手術内容としては、わき毛のある部分の皮脂腺、毛根、汗腺を除去します。

 

しかも、切開範囲としては2センチ〜5センチほどの長さにメスを入れる事になります。

 

しかし、アポクリン腺すべてを除去することは難しいとの事です。

 

 

 

わきが切除手術の後のリスクと後遺症とは?

【わきが切除手術は危険!?】リスクが高すぎる理由とは?

わきが切除手術はは手術痕も結構目立ちます。

 

しかも、ひきつれを起こすこともあるとの事もありますし、腕がうまく動かせなくなる人もいるといいます。

 

なかなか治りづらくて、神経にまで影響が出てむくみの原因となることもあります。

 

完治する保証があるならいいのですが、アポクリン腺の全切除はほぼ無理とのことなので、完治とまでは難しいらしいです。

 

リスクが高いことから、最近ではあまり手術自体を行なわれなくなりました。

 

完治する保証もなく、リスクしかないので切除手術の選択はしなくてよい。

 

私の意見をいわせてもらえば、切除手術はリスクしかないのでやる必要はないと思います。

 

今では優秀はデオドラントクリームもありますし、何より肌を傷つけなくてもできる手術もたくさんあります。

 

わきがを軽減、改善して、きちんとニオイ自体抑える事ができれば、わきがはなにも問題はないと思っています。

 

手術の事は考えずに、このサイトで書いてある対処療法や、改善する知識を身につけて、わきがと向き合えば必ずいい方向へ向かうはずです。

 

誰でもできる!日常生活での【わきが対策】6つのポイントとは?
日常生活でわきが対策できたら嬉しいぁ。って思っている人も多いかと思います。 完璧に消す事はできませんが、軽減できる方法はあるのでご紹介させて頂きます。 意識するだけ誰でも簡単に出来る6つのポイントで説明してきので、是非活用してみて...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました