わきが治療に保険は適用されるのか?医療機関を間違えないように!

わきが保険適用 治療費用 医療機関 手術内容 わきが保険適用

わきが治療で保険がきちんと適応されるかどうか心配ですよね。

 

どれくらいのわきがに適用なのか?治療費はどれくらいかかるのか?医療機関はどこへいけばいいのか?

 

その不安に対して分かりやすく短めに説明していきます。

 

わきが治療での保険適用はある??

わきが保険適用 治療費用 医療機関 手術内容

わきがの保険適用はあるのでしょうか。やはりわきがの人はかなり心配な部分ですよね。

 

わきがの保険適用はありますが,そのわきがの保険適用になる対象は,
かなり重症のわきがのみと決まっているようです。

 

わきがの保険適用の対象となるのは,重症のわきがの限定で,「皮弁法」という手術だけが
わきがの保険適用の対象となっています。

 

もしもこの「皮弁法」が保険適用となった場合の費用は3万程で受けられます。

 

重要なのは保険適用の規則として、悪臭がひどい(ニオイがひどい)、他人の就業に影響がでることが明確、を客観的にみて治療を行なう必要があると思われる場合にだけ、わきがの保険適用が適用されます。

 

わきがの保険適用は,軽度のわきがの場合には適用されません。

 

軽度のわきがは適用外。重度のわきがのみ保険適用される可能性がある。

 

わきが治療はどこへいけば保険適用してもらえるの?

わきが保険適用 治療費用 医療機関 手術内容

わきがを保険適用で受けたいけど、一体どこにいけばいいの?

 

わきがの保険適用は,適用することができる場所が決まっています。

 

わきが自体は病気ではなく、体質の問題になってくるので、美容外科にいきがちですが美容外科ではわきがの保険適用は適用されない場合が多いです。

 

ですが、皮膚科や形成外科などで、わきがの治療を受ける場合には,
わきがの保険適用がきくことが多いようです。

 

わきがの保険適用が適用された場合には,わきがの手術の費用が
大幅に安くなることになります。

 

わきがの保険適用が適用されない場合では,20万〜30万ほどの手術費用の場合でも,
わきがの保険適用が適用された場合には,3万〜5万くらいの費用で済むことになります。

 

わきが手術を諦めてしまった人にとってもかなり嬉しい情報ですよね。

 

ただし、「皮弁法」の手術以外は,わきがの保険適用の対象にはなりませんので注意してください。

 

美容外科では適用外が多い。適用される可能性が高いのは皮膚科、形成外科になる。

 

わきがの手術内容はどんなことするの?

わきが保険適用 治療費用 医療機関 手術内容

先ほど、わきがの保険適用の対象となる手術は,「皮弁法」という手術だと述べましたが,

 


この「皮弁法」という手術は,皮膚を切り開いて,アポクリン汗腺などを除去するという
手術になります。

 

皮弁法の手術は,手術をしたあとにも10回程度通院が必要で,
手術後しばらくは安静にする必要があるためです。

 

結構手間がかかるということになります。保険適用ながらも、行きたがらない人が多いのはこの事が原因なのかもしれません。

 

また,皮膚を切り開く手術であるため,傷跡が残ってしまう場合もあるということが,
この皮弁法の手術を躊躇する人が多い理由でもあります。

 

手術「皮弁法」は保険適用されるが、10回程度の通院を余儀なくされるので手間がかかる。

 

以上が、わきがでの保険適用、行くべき医療機関、手術内容についての記事でした。

 

本当に重度で完璧に治したいという方は、手術も考えたほうがいいかもしれませんが、軽度の人は対処方法で改善できるので、対処方法がオススメとなります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました